災害の備え

家族会議で防災について話あいましょう

電話

災害時の連絡はLINEが便利。使い方簡単で子供や高齢者の安否確認にも

更新日:

災害時にLINEが便利な理由

電話が繋がりにくい状況でも繋がる

大規模災害のときは回線が混み合うことや通信制限によって電話回線がつながりにくくなります。

しかし、パケット通信やインターネット回線の制限は限られていて、電話が繋がりにくい状況でも比較的繋がります。

もちろんLINEもインターネットを利用したデータ通信なので、災害時の連絡手段として使うことができます。

伝言ダイヤルより普段使っているLINEのほうが使いやすいかも

 

自分の居場所を知らせることができる

LINEには自分の位置情報を相手に送信する機能があります。

万が一、被災して家族と離れ離れになってしまったときでも、GPS機能をONにしてこの機能を使えば自分の居場所を知らせることができます。

お互いに位置情報を送りあえば、はぐれてしまった人と会うことができます。

他にも、自分が今どこにいるかわからない、どこにいるか説明できないときには位置情報を送るだけで相手に居場所を伝えることができるので非常に役に立ちます。


出典:LINE 公式ブログ 災害に役立つLINE活用方法

使い方は、LINEのトーク画面で「+」ボタンを押して、「位置情報を送信」するだけです。

子供にも教えておこう

 

親(した)しい人が登録されている

そもそもLINEに登録してある人は、家族や普段連絡を取り合う親しい人が多いです。

優先的に安否確認をとるべき人が登録されているので、災害伝言サービスを使わずともLINEの利用だけで確認がとれます。

また、複数の人に同時にメッセージをやりとりできる「グループトーク」を使えばまとめて連絡をとることが可能です。


出典:LINE 公式ブログ 災害に役立つLINE活用方法

 

既読機能がある

自分の送ったメッセージを相手が読むと「既読」マークがつきます。

災害時には、返信することもできないくらい切迫した状況になることもあります。

そんな中でも「既読」がつくことで相手にメッセージが伝わっていることが確認できます。

 

LINE災害連絡サービスで安否確認

大規模災害が発生すると、自動的にLINEユーザーへ通知が届きます。

個別に連絡が取れない状況でも、LINEでつながっている家族や友達に安否情報を伝えることができます。


出典:LINE 公式ブログ 災害に役立つLINE活用方法

『被害があります』

『無事です』

『災害地域にいません』

の3つの中から選択すると、自分のタイムラインに自分の状況が投稿される機能です。

 

LINEが作られた背景には災害対策がある

LINEはただのコミュニケーションツールと思われがちですが、実はLINEが作られた背景には東日本大震災が関係しています。

東日本大震災があった2011年3月11日。このとき、まだLINEのサービスはこの世にありませんでした。

震災を受け、『大切な人と連絡が取れるサービスが必要だ』との思いでLINEは開発されました。

こういった理由から、ただの連絡ツールとは違い緊急時に役立つ機能が数多くあるのです。

LINEにはこんな思いが込められていたんだね
LINEモバイルならLINEアプリやSNSが速度制限なく無料で使えるよ

LINEモバイル公式サイトへ

口コミで高評価の防災グッズ

1

防災グッズは値段より中身で選ぶ 防災グッズを選ぶときに最重視するのは『中身』です。 色々な種類の防災グッズが販売されており値段も様々ですが、防災グッズは値段で決めてはいけません。 中身をよく確認して、 ...

-電話

Copyright© 災害の備え , 2018 All Rights Reserved.