災害の備え

家族会議で防災について話あいましょう

大雨・洪水対策

降水量○○mmってどれくらいの雨なのか

投稿日:

ニュースでよく降水量○○mm(ミリ)の雨って聞くけど、どれくらいの雨なのかな?

そもそも降水量(こうすいりょう)とは?

 

降水量を一言でいうと、雨がどれだけたまったか、雨のたまった深さのことをいいます。

もう少し正確にいうと、その場所にふった雨、雪、雹(ひょう)、あられなどを水に換算した体積を面積で割った値のことをいいます。

式で表すと、

降水量(mm)=降った雨などの体積(mm3)/その場の面積(mm2

となります。

例えば、表面積が100mm2の容器の中に100mm3(100cc)の雨がたまったときの降水量は1mmになります。少しわかりにくいかもしれませんが、降った雨がどこにも流れなかったときに何mmの深さの雨水がたまったかをイメージしてみてください。

気象台やアメダスでは雨量計を使って降水量を測っているよ

降水量は時間も関係する

降水量の目安を知るときは時間も関係あります。

例えば、降水量10mmの雨が降ったとします。

これが1時間で10mm降ったのか、24時間で10mm降ったのかでは雨の強さが違います。1時間に10mmの場合、短時間にまとまった雨になりますし、24時間で10mmの場合はシトシトと小雨が降り続くケースも考えられます。

ですので、降水量の目安を知るためには、どれだけの時間で降ったのかを一緒に考えなくてはいけません。

 

1時間あたりの降水量の目安

降水量が何なのかが分かったところで、1時間あたりの降水量の目安を見てみよう

降水量10mm~

降水量10mmの雨は、ザーザーと降る雨です。感覚としては「けっこう降ってるなぁ」と感じます。

傘をさしていても地面からの跳ね返りで足元が濡れてしまい、地面には水たまりができるくらいの雨量です。

 

降水量20mm~

降水量20mmの雨は、いわゆるどしゃ降りです。ダーッと降る雨で傘をさしていても濡れてしまいます。

車に乗っているとワイパーを早くしても前が見えずらく感じます。

 

降水量30mm~

降水量30mm以上の雨はバケツをひっくり返したような雨です。ダダダーーッと降る雨で寝ていても雨音で起きてしまうような音がします。

傘があっても外にでるのをためらうような雨で、道路が川のようになります。スピードを出して走るとブレーキが利かなくなり危険を感じるため徐行して走りたくなります。

 

降水量50mm~

降水量50mm以上の雨は滝のような雨です。ゴーゴーとうなりをあげた雨で傘は全く役にたちません。そもそもほとんどの人は外にでることをためらいます。

辺りは雨しぶきで白っぽくなり視界が悪くなります。車の運転も危険を感じるようになります。

 

降水量80mm~

降水量80mm以上の雨はドォーッという猛烈な雨で圧迫感を感じます。外に出るのはもってのほかで家の中でさえ身の危険を感じ怖くなります。

用水路や河川の氾濫(はんらん)が不安になり、自ら避難行動をとらなければいけない、と感じます。

 

1時間降水量の過去の記録

1時間あたりの降水量が一番多かったのときはどれくらい降ったのかな?
1982年に長崎で187mmの雨を記録しているよ。どれだけ激しい雨だったか想像もつかないね

気象庁の管轄外ではありますが、1982年7月の長崎大水害の時に1時間あたり187mmの降水量を記録しています。これは1時間降水量の日本記録となっています。80mmの降水量でも恐怖を感じるほどの雨なのに、その倍以上の激烈な雨が1時間も降り続くことを考えるとぞっとします。

この災害では、長崎市内の各川が氾濫し道路が寸断、橋は流され床上浸水は当たり前、数多くの家が流され倒壊しました。土砂災害や停電も合わさって、死者・行方不明者299名、被災世帯は約2万8000世帯と重大な災害になりました。


出典:国土交通省 九州地方整備局 防災の取り組みと過去の災害

 

降り続いた場合の降水量の記録

1時間あたりの降水量は、短期間にどれだけ集中して雨が降ったかの目安になります。それに対して24時間、48時間、72時間降水量という、1日から3日間でどれくらい雨が降り続いたかをしめすものもあります。

記録に新しい平成30年7月の西日本豪雨では、高知県の安芸郡で過去の記録を更新し観測史上1位の降水量を記録しました。

24時間降水量 691.5mm

48時間降水量 1025.0mm

72時間降水量 1319.5mm

この豪雨では、台風と梅雨前線が合わさって長期間にわたり強い雨が降り続きました。各地で河川の氾濫、土砂崩れ、浸水被害が発生し死者が200人を超える平成最悪の水害となりました。

口コミで高評価の防災グッズ

1

防災グッズは値段より中身で選ぶ 防災グッズを選ぶときに最重視するのは『中身』です。 色々な種類の防災グッズが販売されており値段も様々ですが、防災グッズは値段で決めてはいけません。 中身をよく確認して、 ...

-大雨・洪水対策

Copyright© 災害の備え , 2018 All Rights Reserved.