災害の備え

家族会議で防災について話あいましょう

地震対策

これって地震の前兆!?地震が起きる前触れ

更新日:

昔から、「ナマズが暴れると地震が起きる」と言われています。これが迷信なのか本当なのかは分かりませんが、地震が起きる前には何らかの前触れがあるとされています。今回は地震の前兆として起きる出来事をまとめてみました。

もし、目の前で起きていたら要注意!?

スポンサーリンク

地震雲

ふと空を見たときに、まっすぐ伸びた雲や波のような形をした雲など、普段とはあきらかに違う雲がでているときがありますよね。いわゆる「地震雲(じしんぐも)」です。

地震雲は地震の前兆として現れる雲で、たんなる迷信ではなくて発生するメカニズムがあると言われています。地殻変動や震源の活発化により摩擦や微振動による電磁波が発生し、大気を伝わって雲の形成に影響を与えてることで地震雲がつくられます。

地震が発生する際に100%地震雲ができる訳ではありませんが、阪神淡路大震災や鳥取地震の前にも地震雲が見られたこともあり、地震の前触れと考えられています。

 

天候の異変

地震の起きる前には天候の異変も観測されています。例えば、

・地震雲が増える

・空や海でまぶしい光が見える

・月が赤黒く見える

・急に雷や台風、ひょうなどが増える

などがあります。3.11の東日本大震災が発生する前日には赤い月が見えたり、発生直前に地震雲や黒い雲が発生したりと、前兆とも思える天候の異変がおきています。

 

動物の異常行動

先ほど地震雲のところでも説明しましたが、地震の前兆により電磁波が発生します。動物は自然環境に適応できるようにこの電磁波を感じ取ることができるとされています。

小さな動物ほどより敏感に感じ取るため、地震発生の数日前から魚、鳥、ネズミ、ミミズなどの小動物が次のような普段と違った行動をとるようになります。

・魚が大量に水面に上がってくる

・カラスが集団で姿を消す

・ネズミが集団で大移動する

・ミミズが大量に土の中から出てくる

 

地震の1日前から数時間前に近づくと、犬や猫、ブタやウシなどの中型、大型の動物も磁気を察知して異常行動をとるようになります。

・犬が異常に興奮して吠える

・猫が高いところに上り、顔を洗うしぐさをする

・ブタやウシなどの家畜が落ち着きをなくし暴れる

 

一説では、地震の前に起こる地殻変動で発生する電磁波が陽イオンだと考えられています。陽イオンは人間を含む動物のセロトニンを増やす効果があります。このセロトニンが血液中に大量に増加すると、イライラする、落ち着きを失う、じっとしていられない症状があらわれるそうです。小さな生き物が強く影響を受けることもうなづけますね。

 

地震の前兆として可能性の高いのは?気象庁の地震予知に対する見解

地震雲はあるのですか?

雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です。大気は地形の影響を受けますが、地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていません。「地震雲」が無いと言いきるのは難しいですが、仮に「地震雲」があるとしても、「地震雲」とはどのような雲で、地震とどのような関係で現れるのか、科学的な説明がなされていない状態です。

震度4以上を観測した地震についても、最近10年間の平均(2011年と2016年を除く)では、年間50回程度発生しています。このように地震はいつもどこかで発生している現象です。雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない二つの現象が、見かけ上そのように結びつけられることがあるという程度のことであり、現時点では科学的な扱いは出来ていません。

引用:気象庁 地震予知について

と、珍しいもの同士がたまたま同時に発生したことが、地震雲と地震が関係あると思わせているだけだよ、という内容の見解です。まあ国としても、根拠なくいたずら不安を煽る(あおる)ようなことは言いませんよね。天候の異変についても同じことがいえますので、このことを考えると地震雲や天候は信ぴょう性が高いとは言えなさそうです。

 

動物や植物は地震を予知できるのですか?

動植物には、音、電気、電磁波、匂いなどに対する感知力が人間などに比べ格段に優れているものがあることは知られています。

 一方、地震は、地中の広い範囲で、固い岩盤同士が、破壊し合い、ずれ合う大きなエネルギーの集中や解放を伴うため、徐々に岩盤が変形し始めたり、地下水位が変動したりして、地震の発生前から非常に微弱で特異な音、電気、電磁波、匂いなどが周辺の地面や大気などに現れ、それを動植物が感じ取る可能性もあるのかもしれません。

 しかし、動植物は地震以外の理由によって通常と異なる行動・反応をすることがあり、また、動植物自体についてまだわかっていないことも多く、ましてや地震の前兆現象も解明できていない部分が多いことから、地震の前にそうした異常行動・反応をする理由について科学的に説明できていない状況です。

引用:気象庁 地震予知について

動物の異常行動については、一部可能性を認めながらも科学的には説明できない、との見解ですね。

解明できていないものと解明できていない者同士だからはっきり言えないようですが、実際に動物の行動と地震予測の研究も進んでいるとのことなので、可能性としては高いのではないでしょうか?

人間も「不吉な予感」を感じることがあります。意外とこの不吉な予感は何かを察しているのかもしれませんね。

口コミで高評価の防災グッズ

1

防災グッズは値段より中身で選ぶ 防災グッズを選ぶときに最重視するのは『中身』です。 色々な種類の防災グッズが販売されており値段も様々ですが、防災グッズは値段で決めてはいけません。 中身をよく確認して、 ...

-地震対策

Copyright© 災害の備え , 2018 All Rights Reserved.