災害の備え

家族会議で防災について話あいましょう

避難

災害時の行動を家族で決めておこう

更新日:

もし、家族が仕事や学校へ行っているとき、大きな災害が起きたらどうしよう?
家族はバラバラで再開するのも難しいよね。

被災したときの集合場所や連絡方法を決めておこう。

スポンサーリンク

1.避難場所を決める

まずは避難場所を決めよう。災害が起きた時、どこに避難するかを決めるんだ。

避難所になる場所は、公民館、コミュニティーセンター、学校の体育館などの公共施設です。

自宅から近い避難場所を確認しておきましょう。

 

次に、自宅から歩いて避難所へ行くまでの間、倒壊しそうな建物や氾濫(はんらん)しそうな河川などの危ない箇所がないかを確認します。

休日を利用して、家族で避難所までの避難経路を歩いて確認しておくといいでしょう。

 

また、市役所などの自治体にはハザード(防災)マップがあります。

ハザードマップには避難所、病院、防災倉庫の位置や、災害時に危険になりそうな(浸水や土砂崩れが起きる可能性の高い)場所が地図に載っています。

国土交通省ハザードマップポータルサイトでは、各地域のハザードマップが閲覧できます。

一度、自分の地域のハザードマップを確認しておきましょう。

 

出典:国土交通省 ハザードマップポータルサイト

ハザードマップを印刷して目につくところに貼っておいてもいいね。

 

2.待合せ場所を決める

家族と離ればなれになってしまったときの待ち合わせ場所を決めよう
え?さっき決めた避難所でいいんじゃないの?
避難所にはたくさんの人が集まってくる。その中から家族を見つけだすのは大変だよ。

 

災害直後の避難所は多くの人が集まり混雑するため、その中から家族を見つけるのは簡単ではありません。

そのため、集合場所は『〇〇小学校の東門の入り口』『△△公民館の駐輪場』など具体的な場所を決めておくといいでしょう。

人の混雑が少なくて、雨風がしのげる場所を選んでおくと安心だね。
子供が迷わずいける場所にすることも重要だね。

 

3.家族との連絡方法を決める

災害が大きいときは集合場所に行けない状況になっていることも考えられます。

そのために、家族との連絡方法を決めておきましょう。

 

災害の時は多くの人が集中して電話を利用するため、電話が繋がりにくくなります。

しかし、災害時には電話よりもLINEやTwitter(ツイッター)などのSNSのほうが繋がりやすい傾向にあります。

電話が繋がらないとますます不安になってしまいますが、あらかじめSNSで連絡を取るようにしておけば余分な不安は取り除かれるでしょう。

 

LINEには『既読』機能がありますので、こちらが送ったメッセージを確認したかどうかがわかります。

また、位置情報を送信したり災害連絡サービスなど、災害時に役立つ機能が多いので使い方を確かめておくといいでしょう。

災害時の連絡はLINEが便利。使い方簡単で子供や高齢者の安否確認にも

災害時にLINEが便利な理由 電話が繋がりにくい状況でも繋がる 大規模災害のときは回線が混み合うことや通信制限によって電話回線がつながりにくくなります。 しかし、パケット通信やインターネット回線の制限 ...

 

子供に携帯を持たせるならLINEモバイル

もしものときのためとは言え、子供に月々6000~8000円もかけてスマートフォンを持たせるのは考えものです。

そんなときは、LINEモバイルがお勧めです。

LINEモバイルは格安SIMのひとつで、最安のプランだと月々500円で利用できます。

LINEアプリでの通話やトーク機能は実質使い放題なので、子供に持たせるにはちょうどいいかもしれませんね。

公式サイトで詳細を見る

LINEモバイル

 

連絡が取れないときは遠方の親戚に連絡をとる

万が一、家族と連絡が取れないときは、被災地から離れた地域に住んでいる親戚や友人に連絡をとるようにしましょう。

例えば、実家のおばあちゃんに連絡すると決めておき、家族同士で連絡がとれないときは皆がおばあちゃんに連絡するようにします。

これを『トライアングル連絡法(三角連絡法)』といいます。

被災地同士では繋がらない可能性があるものね。

 

4.避難するときに持ち出すものを決める

いくら非常時とはいえ、何でもかんでも避難所に持っていくことはできません。

最低限必要なものをさっと持ち出せるよう準備をしておきましょう。

防災バッグなどの非常用持ち出し袋を用意しておくと、いざというときに助かります。

 

人気の防災バッグの一例

 

防災バッグは中身をしっかりと確認しておきましょう。

防災バッグは持っているから安心なのではありません。

中に入っているもので命を左右するかもしれないのです。

 

実際に、役に立たないものばかり入っている防災バッグもあります。

あなたの防災バッグの中には、水、食料、スマホが充電できる充電・発電機、乾電池不要の照明、救急セット、簡易トイレは入っていますか?

避難時に必要なものを話し合ってリストにしましょう。

必要なものが足りなければ補充してバッグの中に入れておくことが重要です。

防災バッグの選び方についてはこの記事が参考になりますよ。
防災グッズの選び方。買ってはいけない商品と人気No.1商品の違い

防災グッズは値段より中身で選ぶ 防災グッズを選ぶときに最重視するのは『中身』です。 色々な種類の防災グッズが販売されており値段も様々ですが、防災グッズは値段で決めてはいけません。 中身をよく確認して、 ...

 

これで災害が起きたときに、どういう行動をすればいいか確認できたね。
定期的に家族会議をして忘れないようにしよう。

口コミで高評価の防災グッズ

1

防災グッズは値段より中身で選ぶ 防災グッズを選ぶときに最重視するのは『中身』です。 色々な種類の防災グッズが販売されており値段も様々ですが、防災グッズは値段で決めてはいけません。 中身をよく確認して、 ...

-避難

Copyright© 災害の備え , 2018 All Rights Reserved.