災害の備え

家族会議で防災について話あいましょう

避難

避難指示、避難勧告が発令されたら具体的に何をすればいいの?

投稿日:

大きな災害が迫っているときに、避難勧告(ひなんかんこく)避難指示(ひなんしじ)という言葉をよく耳にします。

何となく危ないから避難しなければいけないんだな、と思うのですが、具体的にどうしたらいいのかピンと来ない人も多いのではないでしょうか?

また、避難勧告や避難指示がどれくらい重要なのかがわからず、とりあえず様子を見ておけばいいんじゃないの?という人も多いと思います。

しかし、このような場合、判断を間違えると命に係わる重大な事態になってしまいます。

そこで今回は、避難勧告、避難指示がでたときに何をすべきかを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

そもそも避難勧告・避難指示とは?

避難勧告や避難指示は、市町村長がその地域の住民に呼びかけるもので、災害が発生した、または災害が発生するおそれがある場合に、住民の命や身の安全、財産が失われないように避難するように呼びかけるものです。

順序としては、次のようになっています。

・避難準備・高齢者等避難開始

・避難勧告

・避難指示

避難準備より避難勧告、避難勧告より避難指示のほうが緊急で危険な状況となります。

必ずこの順番で発令されるとも限りません。緊急を要する事態では、避難準備や避難勧告をとびこして、いきなり避難指示が発令することもあります。


出典:首相官邸 いつ、どこに、どうやって避難したらいいの?

 

避難準備(ひなんじゅんび)の意味

避難準備とは、自然災害による被害が予想される場合に、お年寄りや小さな子供、援護が必要な方など、避難に時間がかかる方から避難場所への避難をはじめるように呼びかけるものです。その他の人は、家族への呼びかけや非常用の持出品などを用意していつでも避難できるように準備を呼びかけるものです。

 

避難勧告(ひなんかんこく)の意味

避難勧告とは、洪水等、土砂災害、高潮、津波による自然災害による被害が予想され、人的な被害が発生する可能性が高まった場合に、避難場所への避難をはじめるよう呼びかけるものです。また、地下にいる人は速やかに安全な場所に避難するよう勧めるものです。

「勧告」は○○したほうがいいよ、という意味。避難勧告は、身の危険が迫っているから早く避難したほうがいいよ、ってことだね。

 

避難指示(ひなんしじ)の意味

避難指示とは、災害が発生する状況がさらに悪化し、人的被害の可能性が非常に高まった場合に発令され、まだ避難していない場合は直ちにその場所から避難するよう強く呼びかけるものです。また、外出することで返って命に危険が及ぶような状況では、自宅内のより安全な場所に避難することを強く呼びかけるものです。

「指示」は○○しなさい、○○せよ、という強い意味があるよ。避難指示は、命にかかわるほどヤバイ状況だからすぐに避難しなさい、ってことだね。

 

なぜ避難勧告・避難指示が出ても避難しないのか?

実は、この避難勧告・避難指示が発令されたにもかかわらず避難しなかった人が多いようです。内閣府の調べでは、豪雨災害の犠牲者のうち9割は避難行動を取っていなかったことがわかっています

避難しなければいけない状況で、なぜ避難しなかったのでしょうか?

その理由は大きく分けて2つです。

理由

理由① 自分が被害にあうと思わなかった

理由② 避難するほうが危険と判断した

 

理由①は、自分が被害にあうと思わなかったというものです。

重大な被害をもたらした平成30年7月の西日本豪雨では、河川の氾濫が迫っているときに避難指示が発令されました。

しかし、後の住民の聞き取り調査では、避難勧告や避難指示という言葉を軽くとらえてしまい大丈夫だろうとの思いから、避難指示が出ても避難をしなかったと回答した人が多かったのです。

テレビでも報道されましたが、床上浸水がはじまっているのに「いままで何十年間生きてきて、過去に一度も前例がないから大丈夫だ」との理由からぎりぎりまで避難をしなかった人もいます。覚悟を決めて避難するときには胸のあたりまで水が増水していて、あと一歩のところで危ない状況でした。

 

多くの人は、災害が迫っていても「自分の町は大丈夫」という心理が働きます。

しかし、毎年「観測史上最大の〇〇」という言葉を耳にするように、日本では今までにないような大雨や台風が頻繁にくるようになっています。過去に例がないから大丈夫、というのはもう通用しないと思ったほうがいいでしょう。

災害は決して他人事でなく明日は我が身という気持ちが必要なのです。

 

理由②は避難するほうが危険だと感じたというものです。

道路が冠水していたり、夜間で周囲の状況が確認できないなど、避難する方がかえって危険な場合もあります。また、「たいしたことないだろう」という思いから避難準備や情報の収集をしなかったことが原因で避難が遅れるケースもあります。更に、自治体の判断で、避難勧告や避難指示が遅れてしまうケースがあります。

 

そういった場合では、既に避難することが難しい状況になっていることも考えられます。無理に動こうとせず、自宅の2階や安全に避難できる場所に移動することが大事です。

 

避難勧告・避難指示が出たときはこうしよう

防災(ハザード)マップを確認する

避難が必要な場合は、指定避難場所(していひなんばしょ)指定緊急避難場所(していきんきゅうひなんばしょ)に避難します。

指定避難場所は学校や体育館、公民館などです。一般的に「避難所」と呼ばれる場所になります。

指定緊急避難場所は、災害が起きても比較的安全な丈夫な建物や、学校のグラウンドや駐車場などです。命の危険があるような重大な災害が発生した時に緊急避難する場所になります。


出典:国土交通省 国土地理院 指定緊急避難場所データ

お住まいの市役所、役場の防災マップ(ハザードマップ)に指定避難場所、指定緊急避難場所はどこなのかが載っていますので確認しておきましょう。

指定緊急避難場所は国土地理院の地図でも確認できますが、インターネットで「○○(お住まいの地域) ハザードマップ」、「○○ 防災マップ」と検索したほうが指定緊急避難所だけでなく、指定避難場所も確認できます。

 

情報収集と早めの避難

避難勧告や避難指示が出るのを待っていては避難が遅れることがあります

避難勧告や避難指示は市町村が発令するものですが、避難所の準備や避難の誘導でバタバタと忙しく発令が遅れることがあります。また、短時間のうちに急激に水位が上昇する場合も発令のタイミングが遅れることもあるため、発令されたときには既に遅かったというケースはいくつもあります。

大雨や台風は事前に情報を集めておくことで早めの対応ができます。災害のおそれがあるときは、テレビ、ラジオ、インターネットで積極的に情報を集めるようにしましょう。

現在はTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)でリアルタイムに現地の状況がわかります。これらを有効に活用して、危険と判断したら避難勧告や避難指示が出る前から早めに避難の準備をすることで命を守ることにつながります。

 

いつ、どこで自分が被害にあってもおかしくないんだね
緊迫する状況の前に避難の準備をしておこう

口コミで高評価の防災グッズ

1

防災グッズは値段より中身で選ぶ 防災グッズを選ぶときに最重視するのは『中身』です。 色々な種類の防災グッズが販売されており値段も様々ですが、防災グッズは値段で決めてはいけません。 中身をよく確認して、 ...

-避難

Copyright© 災害の備え , 2018 All Rights Reserved.