災害の備え

家族会議で防災について話あいましょう

停電対策

大規模停電(ブラックアウト)したら起きる7つの問題

更新日:

地震や災害、はたまたブラックアウトによって大規模な停電がおきると私たちの生活はどうなるでしょうか?

今後、地震やサイバーテロで大規模停電が起こることが予想されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

大規模停電で起きること

1.電化製品が使えなくなる

2.電話やネット通信が使えなくる

3.交通機関がマヒする

4.水が出なくなる

5.ガスも止まる

6.医療がストップする

7.企業の活動が止まる

この内容を詳しく説明していきます。

 

1.電化製品が使えない

当然ですが、電化製品が使えなくなります。

電化製品は普段当たり前に使っているので、使えなくなった時にはものすごく不便です。

例えば、

・冷蔵庫 ⇒食品や飲み物を保存できない

・洗濯機 ⇒よごれた衣類を洗えない

・電子レンジ ⇒食品や飲み物を温めれない

・IHヒーター ⇒加熱する調理ができない

・ポット ⇒お湯をわかせない

・照明 ⇒暗い中で生活できない

など、生活するうえで必要なことが当たり前にできなくなります。

 

2.電話やネット通信ができなくなる

家庭では、電話機やモデム、ルーターの電源がなくなり電話やネットの通信ができなくなります。

携帯電話の利用はバッテリーが残っているだけできますが、おおもとの電波を送る基地局が停電すると携帯電話での電話やインターネットも使えなくなります。

基地局にある非常用発電機やバックアップ用の蓄電池で数時間~1日程度は使える状態をキープしますが、停電が長引き電源がなくなると利用できなくなります。

また、停電が小規模でも何かしらの災害時はみんなが電話で連絡を取り合おうとするため、回線が混み合って電話やネットが繋がりにくくなります。

 

3.交通がマヒする

停電すると信号機が消えるので、あちらこちらで渋滞や事故が発生し、車、バスでの移動が困難になります。

信号機の中にはバッテリーを持ち、停電しても今までどおり動いたり点滅するものもありますが、大部分は消えてしまいます。

電車や新幹線も動きませんので交通手段は徒歩か自転車になります。

言い換えると、停電している地域から脱出する方法は徒歩か自転車しかありません。

 

4.水が出なくなる

一般家庭では、停電してすぐに水がとまることはありません。

マンションなど、高層の集合住宅の場合はポンプで水をくみ上げるので水がでなくなる場合があります。

更に停電が続くと、おおもとの浄水場からの水がとまります。

浄水場には非常用発電機が備えられていますが、発電機の燃料がなくなると浄水場が機能しなくなり水がでなくなります。

各地域に配水池や貯水槽があれば蓄えられている分の水はもちますが、そこが尽きればきれいな飲める水はとまります。

水がでないと、

・飲み水がなくなる

・トイレが流せない

・お風呂に入れない

・ケガしたところを洗い流せない

・やけどを流水で冷やせない

といった、生命維持や衛生面での問題が深刻になります。

 

5.ガスも止まる

停電してもガスは大丈夫だろうと思う人も多いのですが、意外とガスも使えなくなります。

ボンベタイプのガスであれば使用できますが、ガスファンヒーターやガス給湯器など、電気(100V電源)がないと動かないガス器具は使えません。

また、ガスメーターは震度5以上の揺れを感知すると安全のため自動でガスの供給を止めるようになっています。

「ガスだから安心」と思っている方は一度チェックしてみましょう。

 

6.医療がストップする

病院や診療所などの医療現場は停電になると命にかかわる問題がおきてしまいます。

大型病院は非常用発電機や自家発電をそなえてはいますが、電気がなくなれば人工呼吸器が使えなくなり生命維持がとまります。

人工透析や手術もできないので、持病を持った患者や重症患者、出産などでも対応が危なくなります。

 

7.企業の活動が止まる

個人の生活だけでなく、企業の活動も止まります。

私たちの生活は企業の活動によって支えられています。

例えば、

・食品の生産

・日用生活品の生産

・生産物の運搬

・建物の建築、修繕

・電気、ガス、水道の維持

など、衣・食・住にかかわるほぼすべてのことは企業活動のおかげですが、停電になるとこれらのことがストップします。

 

まとめ

以上が、大規模停電でおきることでした。

私たちがどれだけ電気に支えられているか、改めて認識できたと思います。

本格的な大規模停電になると正直、個人個人が何か対策をとることは難しいのですが、電気がなくても生活できる知恵を身につけておいたほうがいいかもしれませんね。

口コミで高評価の防災グッズ

1

防災グッズは値段より中身で選ぶ 防災グッズを選ぶときに最重視するのは『中身』です。 色々な種類の防災グッズが販売されており値段も様々ですが、防災グッズは値段で決めてはいけません。 中身をよく確認して、 ...

-停電対策

Copyright© 災害の備え , 2019 All Rights Reserved.